(オタク学生の)成勉ブログ

独学でどこまで頭がよくなれるか、成金ならぬ成勉(成り上がりで勉強できる奴)を目指します)

読書が必要だと思える理由〜感覚・体験編〜

f:id:saka-mo:20170718204843p:plain

読書が大事!という主張は絶えず言われ続けているもので、どれも正しいものです。

しかし、読書には利点が多すぎて、どこから読書の素晴らしさを語るかはとても頭を悩ませるところでもあります。

今回は読書の良さを伝えるために感覚的な側面から話していこうと思います。

感覚レベルの話なので個人の経験談に近い所がありますが、リアルな読書体験とも言えるでしょう。

他にも「科学的な面」や「人生、精神的な面」でも話せると思うので、それはまたの機会に記事にします。

では早速↓

読書した日は充実感が違う

例えば「何も計画を建てずにダラダ過ごした日」と「何も計画を建てなかったけど読書して過ごした日」が会ったとしましょう。

夜になって一日を振り返ると圧倒的に読書した日のほうが充実していたかのように感じます。

たとえそれが1、2時間の読書量であったとしてもです。

 

なぜかというとおおよそ「頭を使ったから」「新たな知識を得れたから」だと思います。

テレビやインターネットだって知識は得られますが、明らかに情報量が少ないし(これは読書してるとわかってくる)、頭を使ってないのでほとんど脳に記憶されてません。

覚えてるのはCMのフレグランスの香りぐらいでしょう。

 

読書であればその日得た知識はしばらく残ります。そしてそれがこれからの生活に役立つことは意識しなくてもわかることです。

 

ですから他に有益なことができてなくても読書した日はそれが有益な行動となってその日の充実感を底上げするのです。

 

余裕が出てくる

 

筋トレをして筋肉をつけると人は余裕が出てくるといいます。

なんでも筋肉で解決しようと思えばできるからです。

読書も同じように知識を積めば積むほど余裕が出てきます。

なんでも本を読めば解決できると思えるからです。

 

実際にすべてが読書で解決できるかは不明ですが、おおよそのことは解決できると思います。

それはすでに得た知識を活かすということもできるし、「この問題はああいった本を読めば答えかヒントが書かれているだろう」とこれからの読書で解決できると考えられるからです。

本というのは誰かが数年かけて得た知識と経験がギッシリ詰まっているので、誰に数分のアドバイスをもらうよりもよほどためになります。

また、「問題は解決できる」と思える状態が精神に余裕を与えるのです。

何か問題が起きたとき、「対策方法がわからない!どこから手を付けていいかわからない!」という状態ではまともな精神状態ではいられないでしょう。

筋トレなら「最悪上司を捻り潰せば命は助かる」

読書なら「最悪上司に怒られても、怒る人は脳が快感を得ていると本で読んだからまったく怖くないし、あとで時間をつくって情報収集してこの問題を解決しよう」

と考えられるわけです。

 

別に何か問題が起きてなくても日々の生活で雑念に惑わされることがなくなります。

これだけでも大きな成果と言えるでしょう。

大抵のおばあちゃんが落ち着いているのは長年の積み重なった知識がそうさせるのであり、それは現在の読書によってももたらされるのです。

 

次々と興味の分野がひろがる

ゲームのアビリティシステムってわかりますか?

コレはゲームシステムの1つで1つアビリティをGETするとキャラクターのできる事が増え、さらに隠されたアビリティの存在が見えるようになるのです。

これを知識に置き換えてみましょう。

1つ知識(体系)をGETするとやれることが増えます。

そしてその知識によって今まで見えなかった世界が広がって見えます。

僕が読書によって興味の幅が広がっていくのはこのようなイメージです。

 

ようは読書すればするほどできることと興味あることが増えていくのです。

例えば、「頭が良くなりたい!」と思って脳について色々調べたとしましょう。

結果、脳を日々鍛える方法がわかりました。

ところがその過程で「脳を鍛えるには運動しかない」という事実を知ったとします。

脳の仕組みや学習方法がわかったところで運動しなければ脳は活性化しない、

「ならば効果的な運動について調べるしかない!」

となって興味の分野は「運動」へ移ります。(ここで脳に関する知識を置き忘れないように注意)

その後も「脳のパフォーマンスを上げるには食習慣が大事だ!」

「運動にも目的によって種類があるぞ!」

「栄養素はサプリメントでもとれるの?とれないの?どっち!?」

と、どんどん発展していけます。

知的好奇心さえ失わなければ興味の分野は無限に移り変われるでしょう。

 

興味の移り変わりは本屋に定期的に行くと自然と行われます。

いままで自分と関係ないと思ってた本の題名が今持ってる知識と関連付けられて視界に止まるようになるからです。

 

最初に話した「日常が充実する」と合わせて「自分の興味があることを調べて生活が充実する」なんて、結構素敵なことじゃないでしょうか?

 

まとめ

自分の好きなことを語るというのは難しいものです。

すべてを語りたいし語り足りなくなるからです。

今回は読書の感覚的なところから話をしました。

ここで書いたことは日々アップデートされるしさらに追加したい事が出てくる可能性も十分ありえます。

とにかく本を手にとって見ることですね。

僕は精読派ですが、精読といっても本を読むことに慣れてないならゆっくり読んでも理解が難しいものです。

これ以上の話は本を読む技術編や本の選び方編に任せるとして今回はここまでにします。

もっと読書の良さが知りたければ著名人が書いた読書についての本を読んでください。

これは初心者にもオススメするタイプの本でもあります。

では読書編の続きもお楽しみに〜

ではでは

夏休みになにか成長したいなら①「時間を大切にしよう」

f:id:saka-mo:20170718072333p:plain

お久しぶりです。

 

そろそろ夏休みがやってきますね。
みなさん何をするでしょうか?
バイトだったり資格の勉強だったりするのでしょうか。

せっかく多くの自由な時間があるのだから有意義な生活を送りたいものです。

そこで、今回は夏休みを充実させるであろう取り組みについて書いていきます。

今回は「時間を大事にする」ことについて書いていきます。

 

なぜ時間が大事か?

「時間が大切」というのは誰もが知っているでしょうが、それをきちんと行動で示している人はほとんどいないのではないでしょうか。

ここでいう「時間」とは、「自分の時間」です。
ですので「俺はバイトづくしでお金稼いでいるから時間を大切にしているぜ!」と思っていても、ほんとうは自分の貴重な時間を安い自給に置き換えて企業に自分の時間をいいようにつかわれているかもしれないのです。

時間を無駄にしている例を挙げてみましょう。

  • 毎日ゲームばかりしている
  • 目的もはっきりせずやみくもにバイトしている
  • 勉強以外の時間が息抜きであふれかえっている
  • 朝起きたらやりたいことだけをやって暇になったらぼーっとしたり長時間の昼寝をする

どれも時間を有効活用しているとは言い難いです。
絶えず誰かのため時間を使っているか、もしくは時間そのものを意味のないところへ捨ててしまっています。

こんな生活を1か月も過ごせば後の学校生活にまで影響が出ます。

有意義に夏休みをすごした友人に先を越されないよう頑張らなくてはいけません。

まずは無駄だと思うことをやめる

いくら時間を無駄に使って平気な顔をしていても、自分の心はごまかせません。

たいていの人は「この時間無駄だな…」と自覚しながら、それでも対策を打つことなく時間を浪費しています。

「このゲームくそげー」と文句を言いながらそのゲームをプレイしている天邪鬼はツイッターを探せばごろごろいます。それと同じようなものです。

ですからまずは日々自覚している「時間の無駄遣い」をなくしていきましょう。

一応定義しておくと、「無駄な時間」というのは「頭を使わなくていい時間」、もしくは「自分の人生のゴールとまったく関係ないことをやっている時間」です。

遊びでも頭を使うものなら結構ですが、もしそれしかしない生活であれば、それは時間の無駄遣いです。

なぜそれをやってしまうの?

趣味は人それぞれで楽しみも違うのでしょうが、もしその趣味にとらわれているのならば抜け出さなければなりません。

そこでヒントになるのは「自分はなぜこれに時間を使ってしまうのだろう」と考えることです。

そこから他の物で代用したり、もっと短時間で満足することはできないかとなにかしらの対策を打てると考えられるからです。

例を挙げると、僕は「ニコニコ動画」を観るのが辞められませんでした。

テレビでは絶対に放送されないであろう際どいネタが満載で、下品ながらも手っ取り早く笑いたいならニコニコしかない!と思っていました。

そこでニコニコ動画視聴をやめるため、「なんでニコニコ動画を観て笑えるのだろう?」と面白さの原因を探ってみました。

笑いの心理学についての本を読んでみて、「あぁ、僕はこういうタイプの笑いが好きなのか」「かわりになる笑いのタイプもいっぱいある。別にニコニコ動画だけじゃなくて良いんだ」と言うことがわかると、自然とニコ動をチェックする事がなくなりました。

こうして「なぜやめられないのだろう?」「代わりになるものはないか?」というものを探せばなにかの中毒状態であっても自力で抜け出せるでしょう。

空白を満たしなさい

これで自分の時間にいっぱいの余裕ができたら、そこにやるべきことをお弁当のように詰め込んでいきます。

やるべきことが見つからないのなら、読書、運動、日記など、世間で大事だと言われている習慣を身につけるための行動を入れていきましょう。

 

大切なのは前の日に予定や計画を建てることで、当日になったら慌てず着々と計画を実行していくことです。

計画を建てていない日はどうしてもダラダラ過ごしてしまいますから、明日の予定は大事です。

日記と一緒にできれば細かく書いていきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は時間について、特に無駄な時間を無くすことについて書いていきました。

僕も本格的なタイムマネジメントに関しては知識不足なのですが、とにかく「頭を使ってる時間」 が多ければ多いほど時間を有効に使えてると考えていいでしょう。

もっとタイムマネジメントについて知りたければできた余裕の時間で各自調べてください(笑)

 

では僕はブログをどの時間に書くか決めるのに忙しいのでここまで。

パート②もお楽しみに!

ではでは!

 

 

逆に、きららじゃない日常系アニメを集めてみた【きららファンタジア】

どうも!嵯架瀬です!

昨日芳文社から『きららファンタジア』という新作アプリの発表がありましたね!

ほんとうにうれしいです!ゆゆ式難民の僕にとっても!

このきららファンタジアはきらら系列の作品から数々のキャラクターが参戦するRPGゲームとのことです。

アプリが更新されるごとに参戦作品も増えていく…

 

そんな中、「日常系アニメ好きだけどどれが”きらら”かわからないゾ」という場合のために「日常系アニメ難民がいるけど”きらら”じゃない」アニメを集めてみました。

僕自身「日常系 きららじゃない」で検索したらヒットしなかったので為になると思うゾ

日常

f:id:saka-mo:20170626202241j:plain

これは誰でもわかるでしょうが、「日常」という直球ワードにしてきらら系列ではありません。

そもそも内容も「日常系」ではないw

 RPGに参戦したらやたら攻撃力が高そうなイメージ

のんのんびより

f:id:saka-mo:20170626210916j:plain

難民を多く生み出し、今もなお2期、新作アニメと難民を救い続ける「のんのんびより」。続編おめでとうございます!

KADOKAWAメディアファクトリー発行の『月刊コミックアライブ』にて連載中ですね。

 中世風世界観RPGなら田舎ぐらいのんびりできそう。

ひなこのーと

f:id:saka-mo:20170626210942j:plain

つい最近まで春アニメでやってた「ひなこのーと」。絵がエロイ日常系かと思ってましたが、これもKADOKAWAメディアファクトリーで『コミックキューン』連載。

作中に出てくる衣装なら一番RPG向きかもしれない。

 

未確認で進行形

f:id:saka-mo:20170626211115j:plain

2014年、冬アニメに百合要素の強い「桜Trick」と日常系アニメ難民キャンプを二分したラブコメ日常漫画『未確認で進行形』

一迅社発行の『まんが4コマぱれっと』で連載中。

これも二期来て欲しいなー

 

 

ゆるゆり

f:id:saka-mo:20170626211404j:plain

「日常系」「美少女たちのアニメ」と思い浮かべると絶対出てくるであろう『ゆるゆり』。

きららにも百合要素は多いですが、こちらはもっと本格的(?)な『コミック百合姫』にて連載中。発行は一迅社。

みらくるんとか絶対上位魔法使いじゃん!

 

【おまけ】あっ!これもきららか!

けいおん

f:id:saka-mo:20170626211532j:plain

僕はアニメも漫画も手を付けていないのですが(乗り遅れた感があって)、これもきららなんですね。

アニメの人気がすごいのできららの中でもレジェンド感ありますが、今回のゲームには参戦するのでしょうか?

参戦したらガチャイベントが盛り上がりそうですね!

 

まどマギ

f:id:saka-mo:20170626212326j:plain

まどマギ自体はシャフトのオリジナルアニメであるものの、派生漫画が多数連載されている『まんがタイムきらら☆マギカ』というきららが存在します。

f:id:saka-mo:20170626213619j:plain

参戦するとしたらその連載作品のどれかでしょうが、

 

来てほしいとしたら・・・

 

うーん・・・

 

 

アラサーマミさんかな!

f:id:saka-mo:20170626203533j:plain

(きらら主要キャラ最年長説ある?)

 

まとめ

どれがきららで、どれがきららじゃないか。原作まで知らないものあったので記事にしてみました。

きららフェスティバル楽しみですね!いつリリースかわかりませんが、年内なのは確かなのでワクワクしながら待ちます!

ではでは!

 

【他人は自分のDNAを映す鏡!】~日本人の9割が知らない遺伝の真実~感想

どうも嵯架瀬です。

前に「死後の世界がないとしたら・・・」という記事を書いたのですが、

 

www.saka-mo.com

 その延長線で「死んだらすべてが無になるのなら、この世には何を残せるだろう??」と考えました。

人間なら本などで情報を残すことができますが、もっと自然の摂理から考えるなら、「DNAを残すことができる!」と思いつきます。

しかし、ただDNAを残すだけならイマイチ人生に張りが出ないような気がして、「生きてる間に自分のDNA変えられるんじゃね!?そしたらこの世で頑張っただけ後世に残せるものの価値があげられる!」という発想に至りました。

どうやら子を作るときに男性がやせていると子供は「痩せる=餓死してしまう・・・」という情報が刻まれたDNAによって、太りやすくなるらしいです。

こうしたささいな事でも遺伝が変わるなら、もっと大掛かりな遺伝変革を行えてもいいはず・・・
1世代で完結と贅沢言わず、せめて自分の1族が発展するスタート地点になれればいい・・・
 

そんなわけで、「人のDNAは変えられるのか?」という疑問から、図書館にあった「日本人の9割が知らない遺伝の真実」を読みました。

自分の予想していた内容とはだいぶ違いましたが、新しい切り口でこの疑問に取りかかることが出来そうです。

 

遺伝の影響が出てくるのは大人になってから

実は遺伝の影響が出るのは大人になってからです。 

これは大人のなると自動的に起こることでなく、大人になるに連れて様々なことを経験することで、自分の遺伝子の様々な面が表に出てくるのです。 

つまり、自分探しの旅も、様々な経験をするという意味であながち間違ったことではないのかもしれません。 

(45歳くらいで遺伝の影響が50%) 
 

ここで重要なのは自分にどんな遺伝子が受け継がれているのか、ではなく、どうやって遺伝子を発見するか、と言うことです。 

遺伝について話が出ると、ついつい両親を恨みそうになりますが、その段階ではあまり遺伝の影響は出ていないと考えていいです。とくに自分が若い場合には。 

むしろ自分の環境が様々な経験をつめる状態にあるかというのが重要です。 

 
 

裕福な家庭に産まれればいろんな経験をつめる可能性が高くなります。 

何をするにもある程度のお金が必要だからです。 

逆に貧しい家庭で育った場合は、できる経験の選択肢が限られてしまいます。 

 
 

裕福な家庭の親は優秀な遺伝子を持ってるから子も優秀になる(そして裕福になる)のでなく、裕福な家庭の子は遺伝子を発見しやすい環境にあるので、才能を発揮でき、それが優秀と判断されるのだと言えます。 

 
 

日本の学校はその点でまあまあ優秀

日本の学校は、ひとりひとりの個性を削ぎ落として平均化させるイメージがありますが、案外に体育祭、修学旅行や文化祭、場合によっては弁論大会など様々なイベントが用意されています。 

それはつまりたくさんの経験が積めるということですから、裕福、貧乏関係なしにチャンスは平等にあると捉えていいでしょう。 

 
 

もちろん、これは遺伝の特徴を捉えて構成されたものではないので、他方で遺伝子学にぞくわない面が存在したりしますが、日本学校の良い面も意識してもらえれば良いかなと思います。 

 
 

教育環境は長期的影響はほぼゼロ

「ちょっとまって!裕福な家庭はいい学校にいくからその分普通じゃできない経験も積めるんじゃないの?」 

と思うかもしれません。 

たしかに、お金をかけた課外授業があればそこで庶民との差が出るでしょうが、 

教育に関してはあまり長期的な影響はないらしいです。 

 
 

つまり、いい学校に行っていい教育を受けたからといってその後の人生が劇的に変わるわけではないのです。 

例外として、課外授業がめちゃくちゃあって沢山の体験ができる、良い先生と巡り合って人生変わる、というような場合があるでしょうが、それはほとんどありえない話として処理していいでしょう。 

 
 

実際、一卵性双生児の片方が良い学校、片方がそうでもない学校へ進学しても、将来就く職業や年収はほとんど変わらないそうです。 

 
 

そう考えると、今通ってる学校、昔通ってた学校はその時点での能力の差であって、それによって決定的に将来の能力が決まるわけでもなければ、教育内容によって差が出ることもない。 

 
 

教育機関は誰でもいつでも入学できて卒業できるくらいが遺伝学に即しているのかもしれません。 

 
 

他方、残酷な一面 

様々な経験を積むことで、遺伝の影響がより濃く出てくる。 

日本の教育は全員に均等に経験を積めるチャンスが与えられていて、教育の内容は人生に影響を与えない。 

 
 

そうすると、すべての文化的行いは遺伝子的に人との区別をつけることになります。 

 
 

これは一見本来の自分を見つけられて良いことのように思えますが、遺伝情報は必ずしも現代社会で必要とされたり賞賛の対象にならないものもあります。 

 

なにせ人の持つ能力は膨大な数ありますから、まだ人類の発見できていない役立つ能力もあるかもしれません。 

 

自分の持つ才能が市民権を得たものでない場合はショックでしょうが、今の時代インターネットがあればどんなスキルでも売り込むことができると考えればちょっとは希望が見えそうですね。 

 

まとめ 

 これまでは遺伝子に優劣をつけた考えを持っていましたが、それは間違いでした。 

 

遺伝子にはすべて受け継がれる理由があり、遺伝子を評価するのはその時代に求められる能力次第なのです。 

 

そう思うとどんな遺伝子を受け継いでいようと、それは誇らしいものに思えてきます。 

 

これからは「自分のDNAをどう進化させるか?(進化させれるのか?)」から、「自分の素晴らしい遺伝子を見つけてそれを仕事にしよう!」と思うことにしました。 

 

自分の得意が見つかる➝好きを仕事にする➝裕福になる(足元見られて低賃金で働かされることはまずないから。)➝素敵な異性と結婚する➝子供に様々な経験をさせ、特技を発見する 

 

という好循環のループが出来上がります。 

 

遺伝に関して「言ってはいけない 残酷すぎる真実」という本を読んでいますが、あらかじめこちらの本を読んでいたほうがよさそうですね。 

そのほうが理解しやすく、ダメージも少ないと思います。 

 

遺伝子関しては面白そうな本がいくつかあるので、今後も取り上げていこうと思います。 

 

ではでは! 

 

 

Amazonでセールやってる電子書籍おすすめ(18日まで)

どうも、嵯架瀬です。

 

最近読書が習慣化されてきて、「1つステップアップしたな」と思ってるのですが、それに比べてブログに本評を全然書いてません。。。

 

今ハマってる本の分野がブログにまとめづらいし、生活に変化をもたらすものでもないのでありますが、楽しい本です。

 

ちょうど今読んでる本はアマゾンのキンドルでセール中なので、紹介しようと思います。

 

 どれも6月18日までなんですが、300~450円くらいなので悩んで買わなくていいのが良いですね。

99・9%は仮説?思いこみで判断しないための考え方? (光文社新書)

99・9%は仮説?思いこみで判断しないための考え方? (光文社新書)