あっちこっちブログ

~カテゴリ別ブックマークをおススメします~

バトスピ 現環境解説 初心者向け 2017年11月時点

先日バトスピを初めて、色々調べて現環境がどうなっているのか、どんなデッキが強いのかなんとなくわかってきたので初心者向けに記事にしていきたいと思います。

もちろんすべてを網羅しているわけではないので、これから色々バトスピと触れ合う中での基準の1つになれば良いかと思います。

νジークを中心に回る

f:id:saka-mo:20171113213233j:plain

2017年11月時点で、とりあえずバトスピ降臨編の第3弾が販売され、全国大会の予選が各店舗で終了したところですが、

現環境で1番強いのは確実にν(ニュー)ジークです。

νジークとは9月に販売された「鉄壁ナル龍ト神」に収録されているXレアカードで、白のカードですが降臨という効果の特性上、どんな色のデッキからでも召喚することができます。

バトルスピリッツ バトスピダッシュデッキ 鉄壁ナル龍ト神【SD39】

バトルスピリッツ バトスピダッシュデッキ 鉄壁ナル龍ト神【SD39】

 

 νジークの何が強いか詳しく説明すると、
まず降臨の効果で1コスト(ソウルコア使用)で召喚できます。
そして、降臨時効果でデッキからブレイヴを出してブレイヴする事ができます。
レベルが最大であれば効果を受けず、さらに1回回復することができます。

これだけでも強いのですが、さらにこのデッキに収録されている「ガンズバルムンク」というブレイヴがいると2体のブレイヴとブレイブできる上、ブロックされない効果が付与されます。

 

そして、このとてつもないカードを最大限活かしているであろうデッキが「01青ジーク」です。
このデッキは運が良ければ後攻1ターンでνジークを召喚して相手を倒すことができます。
このチートじみたムーブが実際に公式で披露された動画がこちらです。(こっちは後攻2ターン目だけど)


【賞金100万円】バトスピ エクストリームゲーム #28

一応文字に表すと、

相手が先行でスピリットを召喚しなかった(ネクサスでも置いた)場合
後攻1ターン目、ゼロコストの青のスピリットをソウルコアを乗せて召喚。
1軽減で「3枚ドロー、2枚破棄」のマジックを使用。
手札から適当なカードとグリズクラッシュを破棄。
『グリズクラッシュ』の効果で手札から捨てたので特殊召喚。
0コストでアタック(相手ライフ4)
グリズクラッシュでアタック、フラッシュで0コスに乗せたソウルコアを使ってνジーク降臨。
νジーク降臨時効果で、デッキからνジークのレベルを最大にするブレイヴを召喚、ブレイヴ(ジュズマルかアビスアポカリプス)。
アタック継続なので相手のライフは残り2。
νジークはブレイヴの効果でレベル最大なのでレベル3の効果が発動でき、回復し再度アタック(これで相手ライフ0。ありがとうございました)

 

相手はνジークが効果を受けないため、自分のライフを守るマジックが手札になければなす術ありません。

(ちなみにこのデッキはメルカリで13000円ぐらいでよく出品されています。)

しかし、νジークに拮抗する強さを持つデッキが存在します。
紫速攻です。
上の動画でもνジークの猛攻を防いで勝利する事ができました。
この紫速攻に必須なカードは『マグナマイザー』と『ムルシエラ』です。

 

f:id:saka-mo:20171113213259j:plain

f:id:saka-mo:20171113213348j:plain

ただ、紫速攻の詳しいことはよくわかってないので、詳細は省きますw(上の動画でどっちも出てるからみてね♡)
11月18日に紫速攻のデッキパーツが入ったデッキが発売されるので、そちらを手に取って遊んでみるのもいいかもしれません。

また、この2つのデッキ以外は僕も大会とかまだ出てないので詳しくは知らないです。
とにかくνジークが強いということがわかっていただければいいかと思います。(=どんな初心者デッキを作ってもνジークを入れれば勝てる可能性が高くなるということ)

カードの傾向

バトスピは前シーズンで押していた要素を次の段ではメタって排除していくスタイルです。
それが降臨編第3弾や18日に出るデッキの新規収録カードに表れています。

まず召喚時効果メタ
一番露骨な効果を持つのがこいつです。

 

f:id:saka-mo:20171113213458j:plain

使われているかはさて置き、召喚時効果に対する殺意がやばいですよね。

また異魔人メタも盛んになっています。

降臨編は1月発売の第4弾で終わるらしいので、次は降臨メタカードが増えるかもしれません。

メタもソウルコア使用効果と封印効果のようなトレードオフの関係であればゲームとして面白いのですが、露骨なメタは少し萎えてしまうなあと個人的には思います。

まとめ

ということで、とりあえず今からバトスピ始める人は

νジークがやばい

のと

前シーズンのカードはメタられてきているよ

ということを覚えておけばいいと思います。
あとは『鉄壁ナル龍ト神』か18日発売の『バトルスピリッツ メガデッキ 双黒ノ龍皇 』を買ってとりあえずデッキを作って、それを軸にほかのカードの種類や強さを覚えていってもらえたらいいと思います。

 

ちなみに2月にはデジモンコラボ1.5弾(1弾の復刻)と詩姫パック(女の子だけのパック)、
3月に仮面ライダーコラボで
春ごろにデジモンコラボ2弾が来ます。

f:id:saka-mo:20171113213620j:plain

これらを見据えてバトスピを始めようとしている友達がいたらこの情報を教えるなりして役立ててみてください。

ではでは✋

僕の知らないキャラクターカードスリーブ(ネタスリ)の世界

どうも、SAKASEです。

この間バトスピを始めたことを記事にしたのですが、現在どうなっているかというと、
カードそっちのけでキャラクタースリーブを集めてます。w

キャラスリといってもどっちかっていうとネタスリ寄りで、絵画とか何かのパッケージ系スリーブが好きです。

それでキャラスリ集めているんですけど、最近は新作のネタキャラスリが発売されていないらしく、昔に出たいい奴を集めるしかありません。

でも、昔のキャラスリ高いんですよ。
定価700円くらいのものが余裕で2~5倍の値段で売ってます。w

何が悔しいって、思い返してみればそれらが発売されたのは僕がまだ中学でバトスピやってた時、発売されたけど当時は高くて手が出せなかったスリーブばっかりなんですよ。

今になってようやく買えるだけの財力が備わり、値段が少々高くなってますが、集められるだけ集めていこうと思います。

そもそも中古のネタスリ自体なかなか市場に出ないので、まずは探すところからなのが厄介です。
幸い最近はフリマアプリが多いので、インストールして片っ端から検索かけて探していきます。

永谷園スリーブ

僕の中ではレジェンドネタスリーブの永谷園スリーブ。
他に梅茶漬けと鮭茶漬けバージョンがありますが、僕は断然シンプルなお茶漬け海苔バージョンが好きです。

このスリーブは僕が中学の時もすでにプレミア価格になっていたので、回収できなかった悔しさはありません。

現在メルカリに多く出品されていることスリーブは一個3000円台と、他のキャラスリと比べてもやはり高いです。

僕は偶然オタマートで1500円で買えたのですが、出品者がオタマート自体を放置してる可能性が濃厚なので、今すぐ手に入る可能性が薄いのが心配。

心優しい別の出品者が2000円台で出品してくれる可能性も狙って、まだリサーチを進めています。

モナ・リザスリーブ

ハイブリッドスリーブ レオナルド・ダ・ヴィンチ 「モナ・リザ」

ハイブリッドスリーブ レオナルド・ダ・ヴィンチ 「モナ・リザ」

 
ブロッコリーハイブリッドスリーブ レオナルド・ダ・ヴィンチ 「モナ・リザ」 リバイバル
 

モナ・リザスリーブは初期版の奴とリバイバルで枚数が80枚になったのと2つの種類があります。(初期版は60枚)

リバイバルのほうがヤフオクで1500円くらいで落札できそうだったのですが、なぜかAmazonのほうに初期版が未開封で980円で売っていました。

初期のは60枚しか入っていないのですが、リバイバルのほうは枠が緑っぽく、初代は茶色。
僕はモナリザは茶色のイメージなので「ラッキー」と思いながら初期版を980円で買いました。

それがこちら。

 

これでモナリザスリーブは回収完了。
続いて次の二つも回収積みです。

神奈川沖浪裏スリーブ

ブロッコリー ハイブリッドスリーブ 葛飾北斎「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

ブロッコリー ハイブリッドスリーブ 葛飾北斎「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

 

 僕がメルカリで買ったのは上のブロッコッリー製のものではなく、今年2017年の秋に出たウルトラプロの新作のスリーブですね。

あともう一つ

ムンクの叫びスリーブ

ブロッコリーハイブリッドスリーブ エドヴァルド・ムンク「叫び」 リバイバル

ブロッコリーハイブリッドスリーブ エドヴァルド・ムンク「叫び」 リバイバル

 
ハイブリッドスリーブ エドヴァルド・ムンク「叫び」

ハイブリッドスリーブ エドヴァルド・ムンク「叫び」

 

こちらもメルカリで買ったのですが、Amazonに商品ページのないウルトラプロの新作スリーブです。

調べるまで混乱してたのですが、叫びシリーズ(もしかしたら神奈川沖浪裏スリーブも)は、
初期ブロッコリー版、ブロッコリーリバイバル版、そしてウルトラプロの新作版の3種類あるらしいですね。

あとから気づいたわけですが、やはりウルトラプロ版のほうが枠の色が「叫び」の絵にあっているように思うので、僕はこれを選んで正解でした。

 ちなみに叫びスリーブだけは700円くらいで駿河屋にまだ在庫が残っています。

 

そして次から紹介されるのが曲者、インスパイアの駄菓子と文房具シリーズです。

 ココアシガレットスリーブ

キャラクターカードスリーブ ココアシガレット

キャラクターカードスリーブ ココアシガレット

 

 マジで買っとけばよかったスリーブNo.1のスリーブ、ココアシガレットスリーブです。

もう見た目が最高だし、遠足の時は必ず買っていったお菓子です。

相場は大体2500円。いろいろ調べた結果、過去のスリーブは「1500円」ぐらいの値段で買えたらいい感じで、これはそれより1000円も高い。

ただオタマートで検索かけたらこれと後から紹介するマルカワフーセンガムスリーブとセットで600円とかいう値段で出品されてて、それが1年前に落札された取引だったので「は?」ってなりました。

今のところそんな破格の値段で販売されているフリマアプリは見当たらず、このスリーブは最後まで追い求め続けるラスボス的存在になりそうです。

マルカワフーセンガムシリーズ

キャラクターカードスリーブ マルカワ グレープガム

キャラクターカードスリーブ マルカワ グレープガム

 
キャラクターカードスリーブ マルカワ オレンジガム

キャラクターカードスリーブ マルカワ オレンジガム

キャラクターカードスリーブ マルカワ いちごガム

キャラクターカードスリーブ マルカワ いちごガム

 

 マルカワフーセンガムシリーズ。

さっきオタマートで見かけたココアシガレットとセットで出品されていたのはいちごガムスリーブで、
僕自身はオレンジガムとグレープガムは実はすでにメルカリで購入済み。
だとするとやっぱり悔しくなる。(1年前の取引だけど)

インスパイアのスリーブは上の絵画系と違ってリバイバルするには権利関係が複雑そうだし、そもそもインスパイアが近年新作スリーブを出しているのかが不明。

まぁ、もし別の会社でも再販するのなら、それも回収して次の高騰時には売る側に回りますがね。(ゲス顔)

 

あとは懐かしいけど後回しなスリーブたちを紹介して終わりにします。

 

キャラクターカードスリーブ クレパス 60枚入りパック

キャラクターカードスリーブ クレパス 60枚入りパック

 

 そういえば、昔「ブラックサンダースリーブ」は持ってたのですが、バトスピ引退時に友達にあげちゃったので今は残骸を1,2枚持ってるだけです。
上記のスリーブを探してる間一度も見かけなかたので、実はかなりレアなじゃないかと思ったり。
まあ、十分堪能したから回収する気はないけどね。

 

ではでは、また次の記事でノシ

ショウペンハウアーの「読書について」が胸に響きすぎる~読書の害悪について~【読書感想】

お久しぶりです。
SAKASEです。

今回はショウペンハウアーの「読書について」を読んだ感想について書いていきます。

早速ですが、この本は久しぶりの凄い本です。
どれくらい凄いかと言うと、ブログにまとめたいのにまとまりきれず、結果、ブログの更新が途絶え「お久しぶりです」という出だしから記事を書き始めなければいけない程です。(!)

「読書について」は珍しく「読書の害悪」について書かれています。

なので今まで手放しに「読書最高!お勧め!」と言ってきた僕にとっては心に痛い文章が次々書かれています。

特に頭に残った事柄について引用しながら取り上げていきます。

読書は他人に考えてもらう行為

本を読むとは、 自分の頭ではなく、他人の頭で考えることだ。

そういうわけで重圧を与え続けると、 バネの弾力がなくなるように、 多読に走ると、 精神のしなやかさが奪われる。 自分の考えを持ちたくなければ、 その絶対確実な方法は、 一分でも空き時間ができたら、 すぐさま 本を手に取ることだ。

つまり自分で考える人は、まず 自説を立てて、 あとから権威筋・文献 で学ぶわけだが、それは自説を強化し補強するためにすぎ ない。 しかし 博覧強記の愛書家は文献から出発し、 本から拾い集めた他人の意見を用い て、 全体を構成する。 それは異質な素材を寄せ集めて作られた自動人形 のようなものだ。

わかっているようでわかっていなかった読書という行為。
僕はすっかり忘れて「自分で考える力」を失っていました。
読書に力を入れ始めたのは2016年の10月ごろからですから、僕はほぼ1年で考える力を失ったことになります。

具体的に「考える力がなくなる」とはどういうことでしょうか。
僕の場合は

  • 本の内容が頭の中で整理しにくい。
  • あらかじめ話す内容を頭の中で構成できない(したくない)

といった感じです。
「考えられない」というよりは「考えるよりもインプットしたい」というほうが近いです。
これはジョン・トッド. 自分を鍛える!―――「知的トレーニング」生活の方法の一節

妄想が入り込む 余地のないほど頭を使っていれば、 たとえ 仕事に変化 を 持たせることで 何一つ 得るところが なくとも、 くだらないことに頭 を 使っていないという満足感は得られるのだ。

妄想の部分を
「自分の考えることは取り留めのない妄想だろう。だから、本を読んで頭を使おう」
と履き違えた解釈をしたことにより生じた失敗ともいえるかもしれません。

この場合は「自分の考えに価値はない」という低い自己評価からくる過ちでもあるので、もっと自己効力感を上げないといけないなあと思うところであります。。。
特にブログでは必要なスキルですし。

頭を使う、ということに関して言えば、何も考えずにボーっとする状態は「デフォルト・モード・ネットワーク」と呼ばれ、無意識からのひらめきが起きやすい状態であることがわかっています。
また、デフォルト・モード・ネットワークのときのほうが脳が消費するエネルギーは大きくなります。
読書もほどほどにしてボーっとすることが大事ということですね。

 

先に述べた「あらかじめ話す内容を頭の中で構成」というのは、僕がブログをするうえで大切な要素であり、僕のコミュニケーション能力の根幹を成すものであったため、真っ先に取り戻したい能力です。
このことについては詳しく別の記事で取り上げようと思います。

自国の言葉を崩さない

ショウペンハウアーはドイツの哲学者のため、本書に書かれている巷にあふれる文体への批判はほとんどがドイツ語によるものです。
しかし、そのほかにも「書くことについて」本質を突く言葉をいくつも述べています。

へぼ作家の大部分は、その日に印刷されたもの以外読もうとしないおめでたい読者のおかげで生計を立てている。すなわちジャーナリストだ。じつに適切なネーミングだ。ジャーナル[日々]の糧をかせぐ人、わかりやすく言えば「日給取り」だろうか

書くとき、素材をじかに自分の頭から取り出す人物だけが、読むに値する書き手だ。

特にドイツ人はできるかぎり曖昧で漠たる表現を押し通すことに懸命で、そのため、なにもかも霧につつまれ、おぼろにかすむ。どの文にも逃げ口上を用意しておくのがねらいらしい

ドイツ語の文章は、互いに入り組んだ長い挿入文を満載し、リンゴを詰めたガチョウの丸焼きのように盛りだくさんだ。読むのにあらかじめ時間を気にしてはならず、何よりもまず記憶力が求められる。(中略)
こうした文章が伝える中途半端な切れ切れの言辞を、読み手は注意深くとりまとめ、よく記憶しておかねばならない。

匿名批評家がつく真っ赤な噓ほど、あつかましい噓はない。なにしろ無責任だ。あらゆる匿名批評は欺瞞をめざしている。だから警察は、覆面をしたまま往来を歩くのを許さないように、匿名で書くのを見のがすべきではない。

.このようにショウペンハウアーは
「小銭稼ぎのために本を書いてはいけない」
「無駄にわかりにくい文章を書いて悦に入り、読者の貴重な時間と記憶を使わしてはいけない」
「匿名を使うものは恥じるべきだ」
と、物書きに対して現代でも(日本でも)十分に通じる批判をしています。
このブログも上記すべてが当てはまって心が痛く、しばらく書くことについて考えさせられました。

ショウペンは父親の遺産で死ぬまで苦労せず学問に励めたので、せめて「お金稼ぎのためのブログ」は許して…と思うところです。

最近僕自身が本を読んで気になるのは「文章の中で反論を入れる」文章です。
話がつながっているようで一度離れるので、全体としてスムーズに読めなくなります。想定される反論は後で別の章で取り上げるか、反論が生まれる議論の穴も克服済みな主張をあらかじめしておくほうが読んでいてスッキリすると思います。

他人の話の腰を折るのは無作法だが、こうした文構造でみずから自分の話の腰を折るのも、それに劣らず無作法だ。

この一説でピンと来たのが上記の考えです。

文章の説得力を増やすべくたくさんの主張を詰め込むタイプも読んでいてしんどいです。
自分もこうならないように気を付けようと思います。

悪書(新書)を読まず良書(古典)を読む

 ショウペンハウアーは、「本なんて読むな!」とは言っておらず、「古典や原著を読め!」と言っています。

いま大評判で次々と版を重ねても、一年で寿命が尽きる政治パンフレットや文芸小冊子、小説、詩などには手を出さないこと

常に読書のために設けた短めの適度な時間を、もっぱらあらゆる時代、あらゆる国々の、常人をはるかにしのぐ偉大な人物の作品、名声鳴り響く作品へ振り向けよう。私たちを真にはぐくみ、啓発するのはそうした作品だけである。

良書を読むための条件は、悪書を読まないことだ。なにしろ人生は短く、時間とエネルギーには限りがあるのだから。

ギリシア・ローマの古典作家を読むことほど、精神をリフレッシュしてくれるものはない。

ここに書かれていることは現代にでも通用する話で、むしろ現代のほうが重要になっています。
例えば「1年で寿命が尽きる」本。最近は集客のために執筆をする起業家が増えており、ゴーストライターに書かせて知名度を上げる作戦をとる人もいます。
堀江貴文さんも著書で「自分の本は誰かに書かせて濃い話はコミュニティで話す」といった内容を語っています。

本を読み始めると、ついつい本屋の新書コーナーに目が行き、「あれもこれも読みたい」などと、新書コンプレックスになってしまいます。
こうした事態にならないために、戒めとして「新しいものには手を出さない」と心に決めておくのもありだと思います。

まとめ

この「読書について」は、「読書に自主性を取り戻す本」です。
なので「ショウペンハウアーの言うことすべてを信じるぜ」となってしまうと、本書の言いたいことが何もわかっていないことになります。
しかし、この本には作家が語らない読書の害悪についてしっかりと書かれていますから、大いに参考にするべきでしょう。

僕の場合は

  • 何気なく読むなら岩波文庫講談社学術文庫を読む(林先生と渡部昇一氏がおすすめしていた)
  • 古典がない分野の本は、それについて最初に書かれた本から読む
  • 目的意識をもって本を買う
  • 多読にこだわらず、頭に残った知識を活用するまでを読書とする

という新しい読書の指針が出来上がりました。

書くことについては

  • わかりやすくも整った日本語を使う
  • 文章の構造をスマートにする
  • 文章でも会話でも逃げ口上には気を付ける

というように、主にブログで気を付けていきたいと思います。

 

「読書について」は僕はkindle Unlimitedで読みましたが、本にしても非常に薄いので、現在読書に励んでいる人も、これから読書を始める人も、今すぐに読んでほしい本です。

 

ではでは

読書について (光文社古典新訳文庫)

読書について (光文社古典新訳文庫)

 

バトルスピリッツ始めました。

 

どうも、SAKASEです。
バトルスピリッツ始めました。
「成勉ブログ」なんて言って、カードゲーム始めたりして、またブログ名変えよっかな。

バトスピは中学の頃どハマりしてて、高校になって周りになる人居なくなったから辞めたんですが、シャドウバースみたいなゲームをプレイしていると不完全燃焼な「カードゲーム熱」が復活するため、「大学生のうちに思いっきり遊んでしまえ!」とまたやり始めました。
バイト代を「勉強用」と「遊び代」とで分けるつもりだったからちょうど良い機会でもある。

ただ、カードゲーム始めるに当たって、情報収集が結構面倒です。
特に「何のデッキが強いか、とか。」
少しやらない間に「別ゲーか」と思うほどカードの内容が変わってますからね。

 

今回はとりあえずデッキを組み始めるところまで来たので、それまでの道程を書いて行きます。

とりあえず構築済みデッキを買った

 

自分一人だけバトスピ始めたところでただのカードコレクターになりかねないので、元バトスピやってた友達も誘いました。
その友達を説得するために先にデッキを買って本気度を見せる作戦です。
結局あっさり復帰してくれたので良かったのですが、さらに買ったデッキのキーカードかが壊れだったらしい。
Twitterでそんな書き込みをみて良くわからず買いましたが、今ならわかります。これは強い。
まぁ、vジークなんですが。

f:id:saka-mo:20171009194452j:plain

 

バトルスピリッツ バトスピダッシュデッキ 鉄壁ナル龍ト神【SD39】

バトルスピリッツ バトスピダッシュデッキ 鉄壁ナル龍ト神【SD39】

 

 

何から手を付けていいかわからない


とりあえず友達も構築デッキを買ったところで先に進まない。
Wikiでカード名だけ見てもピンと来ないですし。

それてしばらくバトスピ関連のブログやTwitterを探っていたところ、いい感じの書き込みを発見しました。

 

 

やりてぇ…

画像も乗ってるし、自分の持ちカードでも作れそうだと思い、このデッキを作ることを目標にしました。

シングルで集める


僕はBOXに一か八かを賭けるよりもシングルでカードを揃える派です。
なのでデッキパーツを探す旅スタートです。
とにかく画像とヤフオクとメルカリを往復します。
近くのブックオフにも中古カードがあるのでそっちも漁ったり。

それで大体のキーカードは揃いましたが、xレアの「ヴォーダン」と「リメイク イグドラシル」が高い!
ただのレアの「トリプルヘビー」とかXより高いじゃん!
この3種は代用カードでお茶を濁しますw

後は現場から学ぶ


大会がちらほらやってるので、そこに乗り込んで現環境を視察するのもありですね。
調子が良ければ声かけて色々聞き出せたりするかも。

10月28日に3弾が発売されるので、とりあえずそこまでは友達に勝てるデッキを作れればいいかなって感じです。
3弾はBOX1個買って様子見。
中学の時は枚弾BOX1個で複数のデッキ作ってたんだから、どんな手を使ってたんだ、っていう。
予算が許す限り大学生である僕のほうがのびのびバトスピを遊べるので、それがこれからの楽しみかな。

そんな感じで、これからはバトスピについてもブログで取り上げていくので、みなさんよろしくお願いします。

 

バトルスピリッツ 煌臨編 第3章~革命ノ神器~ ブースターパック[BS42](BOX)

バトルスピリッツ 煌臨編 第3章~革命ノ神器~ ブースターパック[BS42](BOX)

 

 

朝一発で目覚める方法とやる気スイッチの入れ方

f:id:saka-mo:20171004212659j:plain

最近気づいた朝早起きのコツなんですが、
朝なんで起きられないのかというと理由としては、「寝てたい」「起きたくない」
があって、要は
布団から出たくない」んですよね。

 

で、僕が思いついたのは
「起きなくていいから目覚ましなったらトイレに行く
という方法です。

 

朝の寝ぼけ眼の状態で「眠気VS起きる気」なんてやったら99%眠気が勝ちますよ。むりむり。

 

で、そこで自分をだましてやるわけです。
「だいじょうぶだよ~トイレに行くだけだよ~」って。

それで布団から出てトイレに行く最中に光をめっちゃ浴びたりして目を覚ましつつ、
部屋に帰ったら部屋の電気つけちゃいます。
そしてもうベッドに戻らない。

 

そのあとはひたすら目を覚ますだけですが、僕はできるだけそこでスマホを触りません

なんでかというと、朝一番からスマホを触って、娯楽情報に触れてしまうと、その日1日のスイッチが「遊び」で入ってしまうんです。

生まれたての雛鳥みたいですが、「朝1番に手に取ったものに1日を左右される」気がするんです。

 

だから僕の場合は本を手に取って読みます。
朝ってめちゃくちゃ文字が頭に入っていきますよ。
ちょっとむずかしめの本でも楽々です。
ここらへんはDaigoさんの本でも言ってたような。 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 

まあそんな感じで、朝1発で起きたければ

とりあえずトイレに行く

光を浴びる

1日のやる気につながるものを手に取る

を試してみてください。
結構いけると思いますよ。