(オタク学生の)成勉ブログ

独学でどこまで頭がよくなれるか、成金ならぬ成勉(成り上がりで勉強できる奴)を目指します)

【他人は自分のDNAを映す鏡!】~日本人の9割が知らない遺伝の真実~感想

どうも嵯架瀬です。

前に「死後の世界がないとしたら・・・」という記事を書いたのですが、

 

www.saka-mo.com

 その延長線で「死んだらすべてが無になるのなら、この世には何を残せるだろう??」と考えました。

人間なら本などで情報を残すことができますが、もっと自然の摂理から考えるなら、「DNAを残すことができる!」と思いつきます。

しかし、ただDNAを残すだけならイマイチ人生に張りが出ないような気がして、「生きてる間に自分のDNA変えられるんじゃね!?そしたらこの世で頑張っただけ後世に残せるものの価値があげられる!」という発想に至りました。

どうやら子を作るときに男性がやせていると子供は「痩せる=餓死してしまう・・・」という情報が刻まれたDNAによって、太りやすくなるらしいです。

こうしたささいな事でも遺伝が変わるなら、もっと大掛かりな遺伝変革を行えてもいいはず・・・
1世代で完結と贅沢言わず、せめて自分の1族が発展するスタート地点になれればいい・・・
 

そんなわけで、「人のDNAは変えられるのか?」という疑問から、図書館にあった「日本人の9割が知らない遺伝の真実」を読みました。

自分の予想していた内容とはだいぶ違いましたが、新しい切り口でこの疑問に取りかかることが出来そうです。

 

遺伝の影響が出てくるのは大人になってから

実は遺伝の影響が出るのは大人になってからです。 

これは大人のなると自動的に起こることでなく、大人になるに連れて様々なことを経験することで、自分の遺伝子の様々な面が表に出てくるのです。 

つまり、自分探しの旅も、様々な経験をするという意味であながち間違ったことではないのかもしれません。 

(45歳くらいで遺伝の影響が50%) 
 

ここで重要なのは自分にどんな遺伝子が受け継がれているのか、ではなく、どうやって遺伝子を発見するか、と言うことです。 

遺伝について話が出ると、ついつい両親を恨みそうになりますが、その段階ではあまり遺伝の影響は出ていないと考えていいです。とくに自分が若い場合には。 

むしろ自分の環境が様々な経験をつめる状態にあるかというのが重要です。 

 
 

裕福な家庭に産まれればいろんな経験をつめる可能性が高くなります。 

何をするにもある程度のお金が必要だからです。 

逆に貧しい家庭で育った場合は、できる経験の選択肢が限られてしまいます。 

 
 

裕福な家庭の親は優秀な遺伝子を持ってるから子も優秀になる(そして裕福になる)のでなく、裕福な家庭の子は遺伝子を発見しやすい環境にあるので、才能を発揮でき、それが優秀と判断されるのだと言えます。 

 
 

日本の学校はその点でまあまあ優秀

日本の学校は、ひとりひとりの個性を削ぎ落として平均化させるイメージがありますが、案外に体育祭、修学旅行や文化祭、場合によっては弁論大会など様々なイベントが用意されています。 

それはつまりたくさんの経験が積めるということですから、裕福、貧乏関係なしにチャンスは平等にあると捉えていいでしょう。 

 
 

もちろん、これは遺伝の特徴を捉えて構成されたものではないので、他方で遺伝子学にぞくわない面が存在したりしますが、日本学校の良い面も意識してもらえれば良いかなと思います。 

 
 

教育環境は長期的影響はほぼゼロ

「ちょっとまって!裕福な家庭はいい学校にいくからその分普通じゃできない経験も積めるんじゃないの?」 

と思うかもしれません。 

たしかに、お金をかけた課外授業があればそこで庶民との差が出るでしょうが、 

教育に関してはあまり長期的な影響はないらしいです。 

 
 

つまり、いい学校に行っていい教育を受けたからといってその後の人生が劇的に変わるわけではないのです。 

例外として、課外授業がめちゃくちゃあって沢山の体験ができる、良い先生と巡り合って人生変わる、というような場合があるでしょうが、それはほとんどありえない話として処理していいでしょう。 

 
 

実際、一卵性双生児の片方が良い学校、片方がそうでもない学校へ進学しても、将来就く職業や年収はほとんど変わらないそうです。 

 
 

そう考えると、今通ってる学校、昔通ってた学校はその時点での能力の差であって、それによって決定的に将来の能力が決まるわけでもなければ、教育内容によって差が出ることもない。 

 
 

教育機関は誰でもいつでも入学できて卒業できるくらいが遺伝学に即しているのかもしれません。 

 
 

他方、残酷な一面 

様々な経験を積むことで、遺伝の影響がより濃く出てくる。 

日本の教育は全員に均等に経験を積めるチャンスが与えられていて、教育の内容は人生に影響を与えない。 

 
 

そうすると、すべての文化的行いは遺伝子的に人との区別をつけることになります。 

 
 

これは一見本来の自分を見つけられて良いことのように思えますが、遺伝情報は必ずしも現代社会で必要とされたり賞賛の対象にならないものもあります。 

 

なにせ人の持つ能力は膨大な数ありますから、まだ人類の発見できていない役立つ能力もあるかもしれません。 

 

自分の持つ才能が市民権を得たものでない場合はショックでしょうが、今の時代インターネットがあればどんなスキルでも売り込むことができると考えればちょっとは希望が見えそうですね。 

 

まとめ 

 これまでは遺伝子に優劣をつけた考えを持っていましたが、それは間違いでした。 

 

遺伝子にはすべて受け継がれる理由があり、遺伝子を評価するのはその時代に求められる能力次第なのです。 

 

そう思うとどんな遺伝子を受け継いでいようと、それは誇らしいものに思えてきます。 

 

これからは「自分のDNAをどう進化させるか?(進化させれるのか?)」から、「自分の素晴らしい遺伝子を見つけてそれを仕事にしよう!」と思うことにしました。 

 

自分の得意が見つかる➝好きを仕事にする➝裕福になる(足元見られて低賃金で働かされることはまずないから。)➝素敵な異性と結婚する➝子供に様々な経験をさせ、特技を発見する 

 

という好循環のループが出来上がります。 

 

遺伝に関して「言ってはいけない 残酷すぎる真実」という本を読んでいますが、あらかじめこちらの本を読んでいたほうがよさそうですね。 

そのほうが理解しやすく、ダメージも少ないと思います。 

 

遺伝子関しては面白そうな本がいくつかあるので、今後も取り上げていこうと思います。 

 

ではでは! 

 

 

Amazonでセールやってる電子書籍おすすめ(18日まで)

どうも、嵯架瀬です。

 

最近読書が習慣化されてきて、「1つステップアップしたな」と思ってるのですが、それに比べてブログに本評を全然書いてません。。。

 

今ハマってる本の分野がブログにまとめづらいし、生活に変化をもたらすものでもないのでありますが、楽しい本です。

 

ちょうど今読んでる本はアマゾンのキンドルでセール中なので、紹介しようと思います。

 

 どれも6月18日までなんですが、300~450円くらいなので悩んで買わなくていいのが良いですね。

99・9%は仮説?思いこみで判断しないための考え方? (光文社新書)

99・9%は仮説?思いこみで判断しないための考え方? (光文社新書)

Androidで画面を白黒(モノクロ)にする方法【ASUS Zenfoneの場合?】

www.lifehacker.jp

↑今日、ツイッターでこんな記事を見つけました。

なんとスマホ中毒がモノクロ画面にするだけで治るとか。

 

さっそく試してみようと思ったのですが、画面をいじれそうなアクセシビリティ設定にそれらしきものはない・・・

 

設定欄をさがしてディスプレイ設定のところにあったので、その発見を記事にしときます。
僕が使ってるのはZenfone Maxなのでほかの機種と同じかわかりませんが・・・

続きを読む

【ネタバレ感想】『夜行』森見登美彦 まろやかなホラー小説だった

どうも、嵯架瀬です。

やっと読むことができました。

森見登美彦さんの『夜行』。

 

夜行

夜行

 

いままでに森見さんの本は「四畳半神話大系」や「太陽の塔」を読んでいて大好きだったので、今回のも楽しみでした。

 

全体の感想

今回は今までの腐れ大学生の大冒険のようなものとは違い、しんみりとした話でした。

僕が気に入ったのはホラー描写です。

ホラーなんだけど、決定的にホラーではないんです。

どういうことかというと、起きる出来事があくまでも「勘違いかも」というレベルまでしか起きないんですね。

なので登場人物も「えっこわっ」以上の体験はしません。

それがある意味リアルというか、僕らだって何か怖い出来事が起こっても「怖くね?」「勘違いでしょ」という程度で済まそうとします。

この小説のなかでもいっしょで、まさか自分らに危機が迫ってるとは思ってません。

しかし物語は着々と進んでいる。

めちゃくちゃ怖いわけじゃないけど、怖くないというわけでもない、なんとも不思議な感じでした。

残る疑問

物語は完全な回答を与えてはくれません。

長谷川さんは一体何だったのか。

ミシマさんの「2人死ぬ」の予言はなんだったのか。

これが気になります。

 

三島さんの予言は、たぶん「夜行世界」では増田さんと瑠璃さん、「曙光世界」では武田君と美弥さんが死んだのだと思います。

ただ武田さんが知り合いを二人も亡くなったという過去を背負っている描写に心当たりがないですから真相にたどり着けないでいますが。

 

また、それぞれ各話の終わりに語り部と「絵の女性」が一緒にいるシーンで終わるのは何か意味があるのでしょうか。

「夜行世界に引っ張られた」と解釈するのは違うような気がしますし。中井さんとか「曙光世界」でも生きてますし。

 

謎だらけなので読み返した方が速そうですねっ

久しぶりの小説だったのですが面白かったです。

休日は小説を読みふけるってのもありかなと思いました。

 

ということで小説『夜行』の感想でした。

ではでは~

【β版】ドラゴンクエストライバルズの雑なプレイ感想

f:id:saka-mo:20170609233642j:plain

 
ドラゴンクエストライバルズのβテスト当選しました!
今まで数々のカードゲームアプリを少しずつやってきた僕なので、これも一足先にプレイしてやるぞ!と意気込んでたので嬉しい!
 
今日は初日なので雑な感想でお茶を濁します。
 
  • β版だからめっちゃパック引ける
  • パック引く画面までハースを真似てるw
  • 全体的にもっさり。
  • てか、pcゲーのハースをそのままパクったらスマホだと重いのは当たり前では?
  • →pc版も出してくれー!
  • デッキが少々作りづらい
  • ウォールやブロック状態を教えるな演出いらない
  • デスピサロ強くねw
  • デュエルエクスマキナに親しんでると、目の前にユニットいても顔面殴りに行けるってのに慣れない
  • 配置の重要性は、「3体横に並べて顔面を守る」「殺したくないユニットを後列に配置して守る」ぐらいで、「強い敵のいるマスを避けて配置する」っての要素はない。
  • 最初からハースの主要な要素を加えているので、初めからバトルの選択肢が多い印象
  • ガチャの演出が少し長い
  • タップの感度が悪い?

全体的に動きがもっさりしていて、プレイ回数重ねる前に眼が疲れてしまいました…(^^;
僕はドラクエが昔大好きで、DS買ってもらえなかったころゲームコーナーのドラゴンクエストバトルロードにめっちゃ熱中してました。

本編は4と5のDSリメイク版とジョーカーシリーズをいくつかやったくらいかな。

 

で、ライバルズの話に戻すと、先にも書きましたが動きがもっさ入りしてる。
これが一番惜しいところです。
参考にしたであろうハースストーンはもとはPCゲームで、アプリ版ももっさりしてても仕方がないのですが、ライバルズの場合は最初っからアプリゲーなので、演出にこだわる必要はあったのかな、と疑問です。


なんやかんやシャドウバースはサクサク動くのでとっつきやすくて気軽にプレイできるために流行ったと思います。

せっかく3Dモデルが用意されていますが、ゲームが重いんじゃいらないかな・・・ってのが正直なところ。

 

バトルに関してですが、これは僕の専門外。
バトルよりもデッキを作るまでの資産のやりくりが僕は好きなので、どうしてもプレイ感想はにわかお客様目線になってしまいます。許して・・・

 

今はβ版なのでゲーム内でじゃんじゃんパックが引けますが、リリースした後はどうなるのでしょう。
レジェンド1枚、そのほかのカード2枚までデッキに入れられるルールなので、シャドバのようにレジェンド3枚集めなくていいのは良心的かな。

 

もしライバルズがハースストーンやシャドバに勝つのなら、どんな要素があればいいか、考えてみました。

ハースに比べて⇒

  • カードが手に入りやすい
  • マス目を生かした新しい戦いができる。
  • アプリが軽い

シャドウバースに比べて⇒

  • 演出で勝っている
  • バトル中の選択肢が多い
  • アホみたいにインフレしない

つまりサクサク動いて無課金でも楽しめるハースストーンみたいになればいいですね!
一部のガチ勢がハマろうとも、ゲーム自体が流行るには一般層にもある程度浸透しなくてはいけないので、やはりとっつきやすさは必要ですよね。

僕みたいにお金をかけずにカードゲームをしたい人まで取り込んで欲しいと思います。

 

どうやらandroid使用者はβテスト追加参加者が募集されるみたいなので、気になったら調べてみてください。

 

まとまりがないですが終わりまーす。

ではではー\(^^)