あっちこっちブログ

~カテゴリ別ブックマークをおススメします~

思考停止アグロ人間を辞める!ちきりん「自分のアタマで考えよう」を読んで(感想)

【スポンサーリンク】

自分の頭で考えてますか?

どうも、さかーもです。

今日はちきりんさんの

「自分のアタマで考えよう」

を読みました。なので感想を書いていきます。

今まで他人の意見を自分の考えだと思っていた…

これに気づいたときは衝撃でした。

学校で授業で扱った内容の感想を書く場面がいくらかありました。

僕はそれがスラスラ書け、他人よりも多い分量を書けるので、「僕は自分の考えを持った人だ」と得意になっていました。

しかし、この本を読んで気付いたのは、今までやってたことは既に結論として持ってる知識を、再度紙に書き表したに過ぎなかった事。

 

過労死問題については学ぶ前から「社会の仕組みがおかしい!」みたいな結論を持っていましたし、

環境問題も「地球温暖化ってウソなんでしょ?だったら云々、、、」

 

といった具合に、ただ持ってる知識を引っ張り出して多少アレンジしただけ。

知識は大抵ネットやテレビや本といった他人からの知識ですから、

自分は他人の知識をなぞって補強して結論付けただけで自分で考えてた気になっていた

のです。

これは恥ずかしい

答えを真っ先に探していた

また、わからない問題を解いていた時は、とりあえず答えを見て解き方を学んでから再度挑戦していました。

これもダメです。

自分で考えるステップを放棄した状態で、考える力がつくはずがない。

しかし、暗記によって点数は上がるのでこの欠点には気が付かずスルーしてました。

ちきりんさんが社会に出て5年たってこのことに気づいたってのがせめてもの救い(まだ間に合う

思考停止アグロパンプを辞める

これからはこうした一連の、「自分の頭で考えず、他人の知識で頭イイ風にしている人」を、

「思考停止アグロパンプ」と定義する事にしました。僕もそうです。

 

元ネタはシャドウバースというカードゲームアプリをやってる人ならわかりますが、

速攻で勝負を決めるデッキを「アグロデッキ」といいます。

そして、そのアグロデッキは慣れると頭を使わなくてもプレイできるようになります。

そのことから、一部では「脳死アグロデッキ」と呼ばれています。

(そして、こういったデッキを使う人は大抵自分の頭で考えず他人のデッキレシピを使用します)

そのなかでも一番語呂がいいのは「アグロヴァンプ」というデッキ。

この「脳死アグロヴァンプ」をもじってマイルドにした結果、

 

「思考停止アグロ人間」

「思考停止アグロ一般ピープル

「思停アグロパンプ」

といった感じ。

お風呂で思いつきました。

 

そんなわけで、「あ、また自分の頭で考えず他人の知識を利用してる...」と気づいたら

「思停アグロパンプにはならないぞ!」と自分に喝を入れましょう(笑

実際、世の中反射的に結論出す人多いですからねぇ。

気を付けましょう!

 

ではでは!