あっちこっちブログ

~カテゴリ別ブックマークをおススメします~

【液タブ】GAOMON PD1560 購入レビュー!ケーブルは奥まで差し込もう!

ついに液タブを購入しました。
前々から「絵をかいて人に見せるならデジタルだよな」と思いつつ、手を出してなかったのでした。
いや、一応板タブはあるんですけど友達の使ってないやつだし古めで。
考えてみればクレジットで分割で買えばバイト代で十分買えるやん!ということで購入。
なおバイトは決まってない模様。

 

GAOMON PD1560

さすがにWacomの液タブは高いので今回はスルー。

 

Amazonで一番レビューが多くてベストセラーである「GAOMON PD1560」を購入することにしました。

決め手としては15.6インチであることと、筆圧感知が8192レベルだったところです。

逆にそれ以外はあまり調べませんでしたし、比較もしませんでした。
一番質のよさそうなものを選ぶより「これ!」と最初決めたものを選んだほうが満足度が高くなる話を知っていたので、今回はそうしてみました。
欲しいスペックは兼ね備えてますしね。

 (この辺の話はこの記事にちらっと書いてあります。)

www.saka-mo.com

 届いてみて

この記事を書いている今はすでに開封済みなので、詳しい内包とかは別の方にお任せします。

大きさ


f:id:saka-mo:20180409083056j:image

15.6インチ、結構大きいです。
縦の長さに不安があって21インチぐらいにしようか迷ったのですが、こっちで正解でした。
液タブ初心者にはこれぐらいの大きさでいいんじゃ荷でしょうか。むしろこれ以上で書くすると横幅が場所をとりますね。

付属品とか

ペン、ペンスタンド、ペン先の差し替え8つ、手袋、液晶フィルム、スタンド(ネジとドライバーも入ってます)あとはペンの充電ケーブルや、電源アダプタとUSBとHDMIが一緒になったケーブルが一本入ってます。

結構本体以外にもいろいろ入っていましたね。
特に手袋とか届いたらすぐ絵が描けるのでいいと思いました。

接続に苦戦

しかし、届いたはいいものの、接続がうまくいきませんでした。

PD1560には「NoSignal」って出てくるしパソコンは別のモニターを識別してくれないは…

調べてると「HDMIには入力と出力があってPCによっては入力のほうしかない云々」というようなことが書かれていて、急いでこちらを購入

 次の日届いたものの結局液晶は表示されず、Amazonのレビューを除いたところ、、、

 

「ケーブルを奥まで強く差し込まないといけない」

 

「「あっ!これか!?」」

 

ケーブルは差し込んで一度、いい感じのところまで差し込まるので、そこが限界だと思ってましたが違いました。

もう一段階差し込める…!

結構硬いんですが、完全に差し込むと無事画面が移りました。

ちなみに緊急で買ってしまった変換アダプタも、一応変換出来てたので、製品としてはオッケーでした。まる。

中華製だけどクオリティもサービスも素晴らしい。

製品も良いですが、サービスも素晴らしいです。

上記のように接続が上手く行かなく、「ケーブルが悪いんじゃね?」と思った僕はサービスセンターにもメールしたのですが、この対応が素晴らしかった。

画像つきの日本語で丁寧に教えてくださったのです。

返信が来た頃はすでに解決済みだったのですが、質問したのが恥ずかしくなるほど対応が丁寧。

中国の企業でも日本語で対応してくれるのは安心ですね。

 最後に

ま、正直買ってはみたものの、皆さんにお見せするほどの絵は描けてないので、書けたら公開してみようと思います。

そんな僕が言うのもなんですが、この液タブは初心者に向いていると思います。

傾き検知がついていないのでペンを傾けながらだと書きにくいのでそこに慣れが必要ですが、この値段でこのクオリティはやばいと思います。

液タブをどれにしようか迷ってる人は是非参考にしてみてください。