(オタク学生の)成勉ブログ

独学でどこまで頭がよくなれるか、成金ならぬ成勉(成り上がりで勉強できる奴)を目指します)

セルフイメージが成功のカギ!『潜在意識が答えを知っている!』感想

【スポンサーリンク】

『人は本来、成功できるようにできている』

どうも、

AmazonKindleのUnlimitedに驚く本が…

潜在意識が答えを知っている!

潜在意識が答えを知っている!

 

 『潜在意識は答えを知っている!』

 

マーフィーの法則シリーズを読むよりもこっちがいいと耳にしました。

いつまでUnlimitedの対象かわからないのでお早めに。

 

 この本の題名は『潜在意識が答えを知っている!』です。

しかし、翻訳まえの題名は

『PSYCHO-CYBERNETICS

(サイコ=サイバネティクス)』です。

 

「そのサイコなんちゃらって何?」って感じですが、

サイコサイバネティクス

自動制御装置のこと。この装置は人格をもたない。自分自身で設定した目標の達成に向けて、自動的に運んでくれる。

と説明されてます。

なんのこっちゃ?

サイバネティクスは、ギリシア語で「舵取り」。

サイコは「精神」とか「霊魂」

つまりは、

「精神=人生の舵取り」

という意味で、自分の人生は自分で舵をきれる。その機能があるという事です。

どうやったら人生の舵を取れるか?

ここで大切なワードは

「セルフイメージ」

です。

セルフイメージとは、自分が自分のことをどう思っているか。

そのイメージです。

 

セルフイメージの重要性

ぼくらは、無意識のうちに

「勉強ができる、できない」

「スポーツが得意、得意でない」

「顔がイケてる、ブサイク」

と、自分のことを定義づけています。

 

しかし!

それは間違いなのです!

「勉強ができる」から、「頭が良い」

のではなく、

「頭が良いと思ってる」から、「勉強ができる」

のです。 

 

つまりは、

セルフイメージが先

なんです。

ぼくらはこれにきづかず、自分で決めた悪いセルフイメージに基づき行動し、恥ずかしい思いをします。

もう一度言いますが、

セルフイメージが先です。

 

この事が分かると、自己啓発本なんかで、やる気だけ上げて変わることが出来ない理由か分かります。

 

人はセルフイメージどおりの行動しかしないんです。

 

何かを成し遂げたければ、セルフイメージを上げるしかありません。

上手くいってるイメージをもっていれば成功します。

単純な話のようですが、セルフイメージのカテゴリーは結構多いですよw

 

セルフイメージがあがると他の行動にも影響がでるので、まずは1つ1つ変えていきましょう。

 

簡単なエクササイズを1つ教えますね。

 

上手く行動している自分を想像する。

簡単な話です。

自分が何かを上手くやってるシーンをイメージをすれば良いんです。

人と話すことが苦手なら、

「人と上手く話している自分をイメージする」

スポーツの大会が緊張するなら、

「上手くプレイしている自分をイメージする」 

勉強が集中できないのなら、

「勉強を終わらしてスッキリしている自分をイメージする」

 

とにかく、上手くやってる自分を想像します。

それも、リアルにありありと描いてください。

「えーっ、想像つかない!!」

と言う人もいますが、想像できない事は現実でもできないんです。

1日15分〜30分やれば大丈夫です。

やってたら行動も変わって、妄想も現実味を帯びてきますから。

 

 

ある実験では、被験者にバスケのフリースローをさせた後、

  1. 実際にボールを触って練習したグループ
  2. 何も練習しなかったグループ
  3. イメージトレーニングをしたグループ

の3つの グループに分けて、もう一度フリースローをさせると、

1のグループのスコアは24%上がり、

2のグループにはなんの向上も見られず、

3のグループはスコアを23%上げました。

 

現物で練習した1グループと、イメトレだけの3グループは、

同じぐらいスコアを伸ばすことができたのです。

 

このことからもイメージの大切さがわかると思います。

 

最後に

このほかにも、まだまだ知ると人生をよりよくできる内容が書かれてあるので、ぜひ、読んでみてください。

 

潜在意識が答えを知っている!

潜在意識が答えを知っている!