(オタク学生の)成勉ブログ

独学でどこまで頭がよくなれるか、成金ならぬ成勉(成り上がりで勉強できる奴)を目指します)

Googleアドセンスに合格!2回目の申請時に気を付けたのはこの2点だけ!

【スポンサーリンク】

f:id:saka-mo:20170331135248j:plain

どうも!saka-moです!
インフルから立ち直りつつあるなか、いつの間にかAdSense承認のメールが届いてました。やった!
 
実は今月の頭の頃にはてなpro登録後、独自ドメインを取得してすぐさまGoogle AdSenseの申請を行っていましたが、約2週間待った結果落ちていましたw
 
そこから2週間日を置いて申請しなおしたら、3~4日で承認されました(^^)
アドセンスの申請合格にはいろいろな要素があり、何か引っかかると不合格になるようなので、僕の場合何を改善したのかお伝えするので、アドセンス申請するときに役立ててください!

申請が受からなかった理由

1回目不合格の時に送られてきたメールで承認されない理由として

不十分なコンテンツ: AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。

と書かれてあって、

  • ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません
  • コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。
  • ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。
  • 広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メインページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテストページは承認されません。
  • ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。
  • YouTube 動画を収益受け取りの対象にしたい場合は、YouTube 収益受け取りプログラムにお申し込みください。動画のみのブログやウェブサイトは承認されません。

これがGoogleが言うヒントなんですが、なんのこっちゃわからない。

画像は記事の上のサムネ用と、文中で必要な分だけ使っているけど、使いすぎというわけでもない。
広告コードもきちんと貼れてました。
ブログも作って3ヶ月は経つし。。。

他のサイトでGoogleアドセンスについて調べてみると、以下の二つが非かかった原因のようだったので改善しました。

Google Search Consoleから古いURLの方を消した

独自ドメインを取得する前に、無料版はてなブログのURLでGoogle Search Consoleに登録していたのですが、独自ドメイン取得後もそのままにした状態でアドセンスに申請したのがまずかったのかもしれません。

たしか審査中にほかのブログを見て気づき、すぐに消しましたが間に合わなかったのかな?

サイドバーに表示してた楽天のアフィリリンクを消した

㍶表示の時にはサイドバーに楽天の商品リンクを貼ってたのですが、これを消しました。
他のサイトでもよく言われている通り、収益の発生するものは消した方がいいみたいですね。
しかし、僕の場合は楽天のバーナーを消しただけで、ほかにもAmazonアソシエイトのリンクを貼ってましたがそこは消さないでそのままにしておきました。
なかにはすべての収益が発生する商品リンクを削除してアドセンスに申請する人もいるようですが、そこまではしなくても大丈夫だと思います。

 

そのほか

なにか改善したと言えばそこくらいです。
画像が多いかもと思って減らしたわけでもないですし。。。

僕の場合は独自ドメイン取得してから申請までが速すぎたのが一回落ちた理由であるのでしょうか?
そうじゃなくても申請は少し時間をおいてからの方がいいかもしれませんね。

まとめ

僕の場合は

  1. Googleのほかのサービスに昔のブログURLを残したままだった
  2. どのページを開いても楽天の広告がサイドバーにある状態だった

この2点を改善しました。
ネットで調べるとアドセンスの申請に苦労している方がたくさんいるようでしたが、僕は2回で、それも急いでなかったのでそんなに厳しい印象は受けませんでした。

最近Googleは役立つウェブサイトを優遇する対策を取っているようなので、これからアドセンス申請する人は「人の役に立つ記事」を意識した記事でブログを作ってみてください!

ではでは!