(オタク学生の)成勉ブログ

独学でどこまで頭がよくなれるか、成金ならぬ成勉(成り上がりで勉強できる奴)を目指します)

英語は英語で覚える!英語のシャワーを浴びる4の方法

【スポンサーリンク】

 

みなさんは日本語を何語で覚えましたか!?

 

「えっ 意味が分からない」?

そうですよね。僕らは生まれてすぐお母さんの声など周りの音を聞いて日本語を覚えました。
つまり、日本語を日本語で覚えたのです。

しかし、学校に通って英語をならうと、なぜか”英語を日本語で”学ぼうとします。
英単語の意味を日本語で覚えたり、テストで日本語訳をやらされたり。

英語を身に付けるには英語で英語を覚えるしかありません!
そのためには常日頃英語のシャワーを浴びることが重要。
そこで、身近に英語に触れられる方法をまとめました!

 

 

海外ドラマを観る

f:id:saka-mo:20170427204539j:plain

まずは海外ドラマです。
「ドラマより映画の方がよくない?」と思いますが、
映画よりドラマが良い理由は、会話に焦点が置かれているところにあります。
映画は爆発シーンなどの視覚に訴える映像中心なので最悪、会話がほとんど無いシーンもあります。
連続ドラマの場合は登場人物の心情を追いかけるため、会話重視です。日常を舞台にした作品がほとんどですから、映画よりは連ドラを優先してみましょう。
 
ドラマ配信サービスならNetflixがオススメです。Netflixには連ドラにも「英語字幕」があります。
ドラマを見ているときは日本語を一切排除しなくてはいけないので、日本語字幕だってNGです。どうしても聞き取れない場合、英語字幕があると助かります。
Huluの場合は映画には英語字幕があっても、連ドラの方は対応してない事により、Netflixの方をオススメします。

1日最低2時間は英語ドラマを見る

英語を英語で覚えるには、ひたすら英語のシャワーを浴びる必要があります。
出来ることなら一日中英語を聞いていればいいのですが、そういう訳にはいきません。
なので、一日最低2時間は英語のドラマを観るようにしましょう。
20分ドラマなら6つ、40分ドラマなら3つですか。
時間的にきつい人もいるでしょうが、それだけで英語ができるようになるのなら安いものでしょう。
 
 

Kindleで古典を読む

f:id:saka-mo:20170427203313j:plain

Kindleには有名な古典が無料で手に入ったりします。著作権が切れているからです。
古典というと難しいイメージがありますが、日本語と違い英語はほとんど昔から変化がありません。
なので、英語がわかっていれば苦なく読むことが出来ます。
 
まだまだ英語が分からない初心者の場合は取りあえずKindleで無料本をダウンロードしておきます。
30冊もあれば英語が読めなくたって「自分は英語の本を読む」というセルフイメージの構築に役立ちます。

洋楽を聴く

f:id:saka-mo:20170427220528j:plain電車での移動時間があれば洋楽が聴けます。
これによってさらに英語に触れる時間がさらに増えます。

また、頭の中で流れる音楽(歌詞)も英語であれば、どんなときでも英語モードになれます。
 
洋楽初心者であれば、ビートルズやマイケルジャクソンなどの有名どころから入ると良いと思います。
僕は基本的にアニソンしか聴いてなかったですが、ビートルズにはハマりましたw

海外youtuberの動画を見る

f:id:saka-mo:20170427221136j:plain

「軽く動画みたいな・・・」
というとき、日本のyoutuberでなく、海外のyoutuberの動画を観るという選択肢があります。

短い動画ですので気軽に見られるし、YouTubeには英語字幕があるので、先に紹介した海外連ドラと同じ要領で視聴できます。

海外連ドラを見て、脳が英語モードになったとき、気休めに短い動画が欲しくなったら試してみてください!

まとめ

どうだったでしょうか?
今回紹介した内容をしっかり毎日すれば、1~2年で英語脳が身に付きます。
『英語脳』とは、英語で物を考え、英語を話し、英語で書を記せる脳です。

日本語だけしか知らなければ世の中に出回る情報も、日本語のものしか入手できないということになります。

これからの情報社会、日本にとどまらない情報網を駆使して自分の身を守りましょう!

ではでは!