(オタク学生の)成勉ブログ

独学でどこまで頭がよくなれるか、成金ならぬ成勉(成り上がりで勉強できる奴)を目指します)

会話上手になる道のり1~言葉のOKとNG~

【スポンサーリンク】

f:id:saka-mo:20161031215019j:plain

今日の記事は、ぼくが会話上手になるまでを記録する企画の第1弾です。

どんな企画かと言いますと、

「今まで仲のいい友達としか話さなかった・・・」

「ジャンルの違う人と何をしゃべろっていうの・・・」

「言葉が人生を変える?俺の自虐ネタはどうなるんだ!」

等々の悩みを抱えた僕が、書籍なり、体験談なりで得たものをまとめていくつもりです。

似たような悩みをもっている方々の役に立てればいいなと思います。

最終的に「1冊本書けるんじゃね?」というくらいにまで取り組んでみたいものです。

今の会話状況は?

  • 話すことが好き。自分の分野なら特に。
  • オチのついた話は出来る(と思う)。抑揚とかも出来てるハズ
  • 「なんでそんなこというの!」ってケンカになったことはない。空気は読める。読みすぎるほど。
  • テンポの早い話は嫌い。アメトークみたいなトークが好き。
  • アニメやニコ動などのオタク会話しかしないので、それ以外の話のネタがない。
  • 自虐的なことを口走る。特に話題がないとき。
  • ツッコミ好きなので、つい瞬間に相手を否定する言葉を言ってしまう。
  • 自分の知識で相手を論破させたり、感心させたい。

おおよそこんな感じです。つまりは

「友達としかお話出来ない」

「話すときは自信たっぷり」

という事です。

 

何故会話上手になりたい?

「別に今のままでもいいじゃないか。人に合わせることが幸せなのか?」というツッコミがあるかもしれませんが、なぜやるのかというと、

第一に「いい言葉を使って笑いのある会話するってどんな感じなのだろう」という個人的な興味があります。

笑いは健康にいいし、笑うの嫌いな人いないんで、できれば会話の中で笑いを取りたい。

笑いをとるっていっても、下ネタや過激な発言、自虐ネタはひかれかねませんし、いじられキャラをいじるにしても、そればかりだと性格悪くなるし、相手も傷つくだろう、

ということで、「誰も傷つけないやさしい笑いはあるのか?」と少しテーマ変わりそうな課題ですが、それを模索したい。

 

第二に「使うといい言葉、悪い言葉がある」という点。

マザーテレサも「言葉が変われば運命が変わる」と言ってますし、

斎藤一人さんは「毒舌(悪口)にはほんとに毒があるんです。人の悪口ばかり言ってる人には近寄らないでください。」みたいなことを言っています。

「リアル2ちゃんの会話してる俺らはどうすればいいんだ!」という話ですが、この点は今すぐ改善したいところ。

「言葉がその人を作る」といった言葉は多くの著名人が残しているので、危機感はMAX。

 

第三は「もっと別のジャンルの人と話したい。」

中学高校と、おなじみメンバー

とばかり交流していたので、世界が狭い。アニメの世界は満喫したから次はリアルも…と考える所存でございます。

たまーにリア充君と会話する機会がありますが、その瞬間頭の中は必至こいて話題の引き出しを開け閉め開け閉め。会話の後も少しふわふわしていてそのあとどっと疲れが来る苦行になっているのでこれもさっさとどうにかしたい。

 

今日はここまで

長くなるので今日はここまで。つぎは斎藤一人さんの天国言葉や、やさしい笑いをとる博多華丸大吉さんなどを取り上げた記事になります。

どこまで続くかわかりませんが、みなさん、お付き合いください。

ではでは!